TOP > 教材検索 > 子どもの事故予防と応急手当マニュアル
  • サンプル有
  • 部数割引

指導者・援助者用

事故予防

子どもの事故予防と応急手当マニュアル

  • 初版:2005年04月25日 発行:2016年07月
  • 価格:¥500+税
  • 商品番号:0474
  • サイズ:A4判 36頁
  • ISBN:978-4-89430-474-1
  • 版:第6版

指導
山中龍宏(NPO法人 Safe Kids Japan理事長)
公益財団法人東京防災救急協会
編集
公益財団法人母子衛生研究会

  • 官公庁・自治体・法人のお客さま
  • 数量を入力して下さい
個人のお客さまはまんてん堂へ

幼児の死亡原因の第一位は、「不慮の事故」です。事故がどこで発生しやすいか、事故の起こりにくい環境をどのように作るかをあわせて知ることにより、不測の事態を防げます。本書は年齢別に、台所などの屋内、庭や公園などの屋外で発生する事故とその防止方法を、文章とイラストでわかりやすく説明しています。後半では、万一のための、気道確保、人工呼吸、心臓マッサージなどの救命手当を図を用いて丁寧に解説しています。
 保健所、保健センター、保育園、児童館、乳児院など乳幼児が多く利用する施設、保護者向けの啓発教材としてご活用ください。

※100部以上のご注文の場合、部数割引があります。

目次
子どもの特性 a こどもの特性
b 心の特性
c 何でもためしたい子どもの不思議な行動
d 子どもの発達に対応した環境づくり
不慮の事故とは a 窒息
b 誤飲
c おぼれ
d けが(骨折・ねんざ・脱きゅう・切りきず)
e やけど
f 交通事故
    コラム/熱中症
月齢・年齢別に見る不慮の事故 a 乳児 ネンネからハイハイ・つかまり立ちの時期
    コラム/車に乗った状態での交通事故が増えています。チャイルドシートは助産院を退院するときから使用しましょう
b 幼児 歩き回る時期
    コラム/事故のおこる前に、交通安全の基本をくり返し教えましょう
c 幼児 社会参加の時期
    コラム/データで見る不慮の事故
応急手当 a 手当の重要性
b 反応の確認・気道確保・呼吸の確認
c 心配蘇生法
    心配蘇生の流れ
d 異物の除去
e 止血法
    転んでけがした
    やけどした
    おぼれた
安全な環境づくりグッズと応急手当のための参考グッズ
応急手当のポイント

関連商品